ミノキシジルタブレットの種類について-ロ二テンのジェネリック

ロニテンという発毛剤があることを知っていますでしょうか?

ミノキシジルタブレットはロニテンのジェネリック医薬品です。

つまり、ミノキシジルの経口薬の元祖です。

そうです。ミノタブはジェネリックとして開発された後発医薬品です。

これを知らない人は多いのではないでしょうか?

まあどうでもいい話ですがね(笑)

ネーミングもわかりやすいので、ミノキシジルタブレットの方が有名になったんでしょうね。

今回は、ミノタブの種類を取り上げてみようと思います。

ミノタブの種類といっても、容量が違う製品がいくつかあるというだけですが、知らない人もいるかもしれません。

ミノキシジルは含有率が高いものほど効果が高いと言われていますが、僕としては容量は低いものから試していくのが一番良いと思います。

いきなり容量の高いものを服用して挫折している人が大勢いるからです。

なので、これからミノタブを育毛に取り入れていく人は2.5mgがおすすめです。これはミノタブの中でも一番容量が低い2.5mgです。まずはこれを3ヶ月連続服用してみます。

そして、3ヶ月後に頭皮に変化が出ているかを確認します。発毛が確認できればそのまま服用を続けて様子をみます。

まったく変化がない場合は容量を5mg、10mgと増やして行きます。

ただし、上限は10mgまでです。10mgまで増やして効果がなければ他の方法を試すべきです。それ以上は副作用が出やすくなるからです。

ミノタブは、フィナステリドと併用すると効果が増します。もしもミノタブ単体で服用しているのであれば、プロペシアやエフペシアと併用してみるのも良いでしょう。

プロペシアやエフペシアは1日1mgが上限です。

それ以上の服用はしないようにしてください。

ミノキシジルタブレットは3種類ありますが、まずは2.5mgから試していきましょう。

また、ミノキシジルは傾向タイプだけでなく、頭皮に直接塗るタイプのものがあります。それについては別の記事で紹介していますので、こちらも合わせて読んでみてください。

あなたの頭皮に変化が起こるのを心から願っています(^O^)

 【ミノキシジル容量別】発毛効果が高いのはどれ!?

副作用が嫌な人はこのサプリ!ノコギリヤシ配合「GUNGUN」

GUNGUN

ミノキシジルタブレットには多毛症、動悸、むくみなどの副作用が。プロペシアには性欲減退などの副作用が出る場合があります。どちらもそこまで深刻な副作用ではないようですが、副作用が気になる方は育毛サプリで髪の毛を増やすという方法もあります。ミノタブやプロペシアにも負けず劣らぬ効果で人気のある育毛サプリが「GUNGUN」です。副作用が気になる方はこちらをどうぞ!

ミノタブ・プロペシアで育毛するならこちら!!

ミノタブ

 オオサカ堂がオススメな理由

  • 業界最安値で購入できる
  • 成分鑑定書添付だから安心
  • メールでの対応も親切
  • 口コミでの評価も抜群

ミノタブやフィナステリドはAGA専門のクリニックでも処方されますが医療費も含めると高額です。そこでコストパフォーマンスを上げるためにおすすめなのが通販です。

オオサカ堂はミノキシジルタブレットやプロペシアを通信販売で購入できる海外輸入サイトです。老舗で信頼できるのでおすすめです。

業界最大手のオオサカ堂は、価格・品質共にトップクラスの個人輸入代行です。普通の通販サイトと同じような手順で購入できますので初めての方でも使いやすいですよ。^^

コメントを残す