プロペシアは長期服用しないと効果が持続しない!?

AGA(脱毛症)の治療薬は長期的に服用しなければ効果が持続しません。

しかし、長期的と言っても一生飲まなければならないのか、というとそうゆうわけでもないと思うのです。

きちんと計画的に治療を施していきば、ある期間を過ぎれば服用をやめても毛髪を維持できるようになります。

では、どのような計画を立てて育毛をしていけば良いのかというと、まずは脱毛のメカニズムを知らなければなりません。

脱毛のメカニズム

なぜ脱毛が起こるのか?このことに精通していないとなかなかプロペシアを卒業することはできませんので、ここで覚えていってください。

脱毛のメカニズム

上の画像を見たらわかるように、脱毛の原因はジヒドロテストステロンという男性ホルモンです。

そのジヒドロテストステロンは5αリダクターゼとテストステロンが結合することで変換されます。

プロペシアの作用は、この5αリダクターゼを抑制し脱毛の原因を作らないことです。つまり、5αリダクターゼが生成されなければ脱毛は起こらない、ヘアサイクルが乱されることがないということなのです。

しかし、もうすでに脱毛が始まりAGAが発症している場合は脱毛を自力で止めることができません。

脱毛の原因の90%以上がこのメカニズムからきています。なので、多くの薄毛の人にプロペシアが効果的なのです。

ヘアサイクルについて

では、次にヘアサイクルの知識をつけてもらいます。

ヘアサイクル

 髪の毛は、成長期・退行期・休止期の3つのサイクルで生成され抜けていきます。

その中でも、成長期が一番長く2年から6年かけて成長していきます。髪の毛は通常なら最大6年かけて太く、逞しくなっていくのです。

しかし、先ほど説明した5αリダクターゼが大量に生成されてしまうとこの成長期の期間が短縮されてしまいます。

AGA(脱毛症)が発症するとこの成長期が数ヶ月~1年程度で終わってしまいます。

これはどうゆうことかと言うと、髪の毛が太く、逞しくなる前に退行期に移ってしまうということです。

つまり、完全に髪の毛が育つ前に抜け落ちてしまうということです。

この魔のサイクルに入ってしまうと、徐々に新しく生えてくる髪の毛よりも脱毛する髪の毛の方が増えてしまい、薄毛が目立つようになります。

これからは、抜け毛の状態をよく確認してみてください。もしもあなたの抜け毛が太く逞しいものなら問題はありませんが、細く短い髪の毛が抜けているのなら、それは本来、成長期にもっと成長するはずだった髪の毛です。

プロペシアの長期服用でヘアサイクルを取り戻す

では、ここからは冒頭で挙げた計画的治療についてお話していきます。

プロペシアは5αリダクターゼを抑制してくれる画期的な治療薬ですが、継続して服用しなければならないというデメリットがあります。

つまり、毎日薬を飲み続ける生活をしなければならないのです。これには抵抗がある方もいると思います。

しかし、頭皮環境をきちんと整えて内面と外面の治療をしっかり行っていけば4年~6年服用後、プロペシアを卒業しても脱毛を阻止することができると思います。

これは、現在試験的に僕が行っている方法ですので、断言はできませんが僕は徐々に薬から離れることができています。

僕は、プロペシアとミノタブを5年間使用して現在はミノタブの服用を中止しています。

プロペシアも2日に一回の服用に変更しています。この状態を今の時点で3ヶ月以上継続しています。

そして、維持できています。

この間に僕が行ってきたことは、頭皮環境の改善と食生活の改善です。シャンプーは市販のものは一切使わず、アミノ酸系の低刺激シャンプーを使い、食生活の面ではレトルト食品とコンビニ弁当などの防腐剤が入っているものは食べないようにし、野菜と魚中心にするようにしています。あとは、豆腐や納豆とカプサイシンを多く取るようにしています。

ちなみに、市販の育毛剤は使っていません。

ある実験ではカプサイシンとイソフラボンを毎食摂ることで、半年後には64.5%の人に発毛が確認できたという報告があります。

カプサイシンとイソフラボンを毎食摂る

 

豆腐と唐辛子



カプサイシン+イソフラボン
カプサイシン+イソフラボンを同時摂取する
カプサイシン+イソフラボン
僕は、この実験結果について1年くらい前に知り、自分でも実践してみたのです。すでにプロペシアとミノキシジルタブレットで頭皮は復活していたのですが、次はプロペシアとミノタブを卒業する準備に入ったのです。

今でも、毎日豆腐と唐辛子を毎食摂るようにしています。その成果が出て、ミノタブの服用をやめてプロペシアの服用回数を減らしても毛髪を維持できています。

ヘアサイクルの成長期は最大6年間だと言いましたが、このヘアサイクルを取り戻すのにもプロペシアを服用して6年程度かかると考えます。そして、その間に頭皮環境を整え、食生活を改善していけばプロペシアの服用をやめても毛髪が維持できると思うのです。

まあ、どちらにしても最低でも6年間の長期服用はしないといけないですけどね。

副作用が嫌な人はこのサプリ!ノコギリヤシ配合「GUNGUN」

GUNGUN

ミノキシジルタブレットには多毛症、動悸、むくみなどの副作用が。プロペシアには性欲減退などの副作用が出る場合があります。どちらもそこまで深刻な副作用ではないようですが、副作用が気になる方は育毛サプリで髪の毛を増やすという方法もあります。ミノタブやプロペシアにも負けず劣らぬ効果で人気のある育毛サプリが「GUNGUN」です。副作用が気になる方はこちらをどうぞ!

ミノタブ・プロペシアで育毛するならこちら!!

ミノタブ

 オオサカ堂がオススメな理由

  • 業界最安値で購入できる
  • 成分鑑定書添付だから安心
  • メールでの対応も親切
  • 口コミでの評価も抜群

ミノタブやフィナステリドはAGA専門のクリニックでも処方されますが医療費も含めると高額です。そこでコストパフォーマンスを上げるためにおすすめなのが通販です。

オオサカ堂はミノキシジルタブレットやプロペシアを通信販売で購入できる海外輸入サイトです。老舗で信頼できるのでおすすめです。

業界最大手のオオサカ堂は、価格・品質共にトップクラスの個人輸入代行です。普通の通販サイトと同じような手順で購入できますので初めての方でも使いやすいですよ。^^

コメントを残す