AGA(男性型脱毛症)薄毛・抜け毛のメカニズム

若年性脱毛症・壮年性脱毛症・老人性脱毛症などの脱毛症を総称して

男性型脱毛症(AGA)と呼びます。

今回は、なぜ脱毛症が起こるのかということを詳しくお話していこうと思います。

AGA/男性型脱毛症(薄毛・抜け毛)のメカニズム

最近では、若い人の薄毛も多くなり20代から悩んでいる方が増えてきています。

なぜ、若いうちから薄毛になってしまうのか?それにはこんな背景があったのです。

  • レトルト食品の普及
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス社会
  • 睡眠不足
  • インターネットの普及

などが考えられます。便利になった言えば聞こえは良いですが、これらは時代の流れと共に頭皮に負担をかけています。

子供の頃かたゲームやインターネットをして目を酷使し、そのせいで睡眠不足になりレトルト食品やコンビニ弁当で食事を済ましていたら、頭皮にいいわけありません。

改善できるところは改善していきましょう。

薄毛・抜け毛のメカニズム

脱毛は、男性ホルモンが原因で引き起こされます。キーポイントとなるのは、

  • 5αリダクターゼ
  • テストステロン
  • ジヒドロテストステロン

5αリダクターゼ脱毛酵素とも呼ばれる還元酵素です。この5αリダクターゼそのものは脱毛とは関係ありませんが、テストステロンという男性ホルモンと結合することで、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛型の男性ホルモンに変化します。

このジヒドロテストステロンが生成されることで抜け毛が始まります。

これが抜け毛のメカニズムです。

そして、この負の連鎖が連続して起こることで薄毛が目立つようになります。

つまり、ヘアサイクルが乱れた状態になります。

通常、ヘアサイクルは「成長期」「退行期」「休止期」の3つのサイクルを回っています。期間としては、

  1. 成長期・・・2年から6年
  2. 退行期・・・2週間から3週間
  3. 休止期・・・2ヶ月から3ヶ月

これが正常なヘアサイクルの期間です。主に成長期に髪の毛が成長し太く逞しくなります。

しかし、5αリダクターゼが増殖しジヒドロテストステロンが増えることでこのヘアサイクルが乱され、成長期が1年から数ヵ月程度で終わってしまうのです。

そうすると、髪の毛が成長し切る前に抜けてしまうので産毛のような髪の毛が抜けます。これを繰り返すことで髪の毛の生成が追いつかなくなり頭皮が薄くなってしまうのです。

なので、AGAの治療では5αリダクターゼを阻害してやることで、ヘアサイクルを正常に戻してやることが有効なのです。

それに有効なのが、プロペシアなどのフィナステリドです。

若いうちから抜け毛が増えてきた場合は高い確率でAGAの可能性があります。

若ハゲになりたくない方は、早めに治療してやることが大切です。

副作用が嫌な人はこのサプリ!ノコギリヤシ配合「GUNGUN」

GUNGUN

ミノキシジルタブレットには多毛症、動悸、むくみなどの副作用が。プロペシアには性欲減退などの副作用が出る場合があります。どちらもそこまで深刻な副作用ではないようですが、副作用が気になる方は育毛サプリで髪の毛を増やすという方法もあります。ミノタブやプロペシアにも負けず劣らぬ効果で人気のある育毛サプリが「GUNGUN」です。副作用が気になる方はこちらをどうぞ!

ミノタブ・プロペシアで育毛するならこちら!!

ミノタブ

 オオサカ堂がオススメな理由

  • 業界最安値で購入できる
  • 成分鑑定書添付だから安心
  • メールでの対応も親切
  • 口コミでの評価も抜群

ミノタブやフィナステリドはAGA専門のクリニックでも処方されますが医療費も含めると高額です。そこでコストパフォーマンスを上げるためにおすすめなのが通販です。

オオサカ堂はミノキシジルタブレットやプロペシアを通信販売で購入できる海外輸入サイトです。老舗で信頼できるのでおすすめです。

業界最大手のオオサカ堂は、価格・品質共にトップクラスの個人輸入代行です。普通の通販サイトと同じような手順で購入できますので初めての方でも使いやすいですよ。^^

コメントを残す