ミノキシジルには内服と外用があるけどドッチが良いの!?

薄毛の改善にはもう欠かせなくなってきたミノキシジルですが、

内服薬のタブレットと外用薬の育毛剤ではどちらが効果があるのか?

今回はその辺についてお話していこうと思います。

では、ミノキシジルの内服薬と外用薬はどのようなものがあるのかを覚えていってください。

ミノキシジルの内服薬の種類

ミノキシジルタブレット2.5mg

ミノキシジルタブレット2.5mg

ミノキシジルタブレット5mg

ミノキシジルタブレット5mg

ミノキシジルタブレット10mg

ミノキシジルタブレット10mg

これらの違いはミノキシジルの含有率です。数字が大きいものほど効果が高いです。ただ、いきなり10mgを使うよりも2.5mgから使用していくことをおすすめします。

頻度は低いと言っても副作用があるからです。心臓にも負担をかけやすいですので、まずは低用量を使うのが良いでしょう。

補足ですが、ミノタブは「ロニテン」のジェネリック医薬品です。

ミノキシジルの外用薬の種類

ロゲイン

ロゲイン5%

カークランド

カークランド5%

ミノキシジル5%+アゼライク酸2%+αローション [NR-07]

ミノキシジル5%+アゼライク酸2%+αローション [NR-07]

[NR-08] ミノキシジル7%+アゼライク酸5%+αローション

[NR-08] ミノキシジル7%+アゼライク酸5%+αローション

[NR-09]ミノキシジル15%+αローション

[NR-09]ミノキシジル15%+αローション

[NR-10]ミノキシジル16%+αクリーム

[NR-10]ミノキシジル16%+αクリーム

ミノキシジルの外用薬はこのようなものが人気の商品です。こちらも数字が大きいものほど効果が高いと言われています。

一般的には、カークランドが知られていますが薄毛の上級者はNR-シリーズを好んで使われています。

僕のおすすめもNR-10のミノキシジルが16%含まれるものです。

5年以上薄毛が続いている人でも効果が出ると言われていて、諦めている人の希望になる育毛剤です。

このように、ミノキシジルにも種類があります。この中でどれが一番効くのかと言われたら、やはりミノキシジルタブレット10mgだと思います。

僕も初めて購入したのがミノタブ10mgで、3ヶ月で頭皮に変化が出ました。

でも、やはり最初は5mgとか2.5mgを使われた方が良いと思いますよ。

副作用が嫌な人はこのサプリ!ノコギリヤシ配合「GUNGUN」

GUNGUN

ミノキシジルタブレットには多毛症、動悸、むくみなどの副作用が。プロペシアには性欲減退などの副作用が出る場合があります。どちらもそこまで深刻な副作用ではないようですが、副作用が気になる方は育毛サプリで髪の毛を増やすという方法もあります。ミノタブやプロペシアにも負けず劣らぬ効果で人気のある育毛サプリが「GUNGUN」です。副作用が気になる方はこちらをどうぞ!

ミノタブ・プロペシアで育毛するならこちら!!

ミノタブ

 オオサカ堂がオススメな理由

  • 業界最安値で購入できる
  • 成分鑑定書添付だから安心
  • メールでの対応も親切
  • 口コミでの評価も抜群

ミノタブやフィナステリドはAGA専門のクリニックでも処方されますが医療費も含めると高額です。そこでコストパフォーマンスを上げるためにおすすめなのが通販です。

オオサカ堂はミノキシジルタブレットやプロペシアを通信販売で購入できる海外輸入サイトです。老舗で信頼できるのでおすすめです。

業界最大手のオオサカ堂は、価格・品質共にトップクラスの個人輸入代行です。普通の通販サイトと同じような手順で購入できますので初めての方でも使いやすいですよ。^^

コメントを残す