プロペシアの副作用【性欲減退】はどの程度のものなの!?

プロペシアは今や、薄毛に悩んでいたら知らない人はいないほど認知度も高くなったAGAの治療薬ですね。

しかし、やはり薬ですので副作用があります。

今回は、プロペシアの副作用の一つである性欲減退が、どの程度のものなのかをお話していこうと思います。

プロペシアの副作用【性欲減退】はどの程度のものなの!?

まず、プロペシアの成分について少し解説していきます。

プロペシアはフィナステリドを主成分とする前立腺肥大症や前立腺がんに使用されていた薬です。

しかし、その副作用として抜け毛が治まり薄毛が改善されたことから育毛剤としての開発がされた商品です。

飲む育毛剤として、多くの方が使っています。今では、AGA専門のクリニックでも処方されていますので、安全面も確保されているといっていいでしょう。

しかし、全体の2%の人は副作用が現れると言われています。

その代表的な副作用が、性欲減退です。

なぜ、性欲減退が起こるのかというと、プロペシアは抗アンドロゲン薬ですので、男性ホルモンにアプローチする作用があります。

男性は、前立腺からテストステロンという男性が男らしくなるためのホルモンを生成しています。このテストステロンは性欲も司るホルモンですので、ここに働きかけるプロペシアには性欲減退の副作用がついてくると言われています。

しかし、厳密にはプロペシアはテストステロンに、直接働きかけているわけではありません。

プロペシアはテストステロンと結合すると脱毛ホルモンに変換する「5αリダクターゼ」という酵素に働きかける薬です。

なので、理論上プロペシアの副作用では性欲減退は起こりえない言われています。

この辺の詳しいメカニズムはよくわかっていませんが、一応副作用として報告されている以上気をつけていきたいところです。

僕は、実際プロペシアを服用していますが性欲が衰えたと感じたことは今のところありません。

全体の2%程度のことなので、そこまで神経質になる必要もないのかもしれません。

副作用が嫌な人はこのサプリ!ノコギリヤシ配合「GUNGUN」

GUNGUN

ミノキシジルタブレットには多毛症、動悸、むくみなどの副作用が。プロペシアには性欲減退などの副作用が出る場合があります。どちらもそこまで深刻な副作用ではないようですが、副作用が気になる方は育毛サプリで髪の毛を増やすという方法もあります。ミノタブやプロペシアにも負けず劣らぬ効果で人気のある育毛サプリが「GUNGUN」です。副作用が気になる方はこちらをどうぞ!

ミノタブ・プロペシアで育毛するならこちら!!

ミノタブ

 オオサカ堂がオススメな理由

  • 業界最安値で購入できる
  • 成分鑑定書添付だから安心
  • メールでの対応も親切
  • 口コミでの評価も抜群

ミノタブやフィナステリドはAGA専門のクリニックでも処方されますが医療費も含めると高額です。そこでコストパフォーマンスを上げるためにおすすめなのが通販です。

オオサカ堂はミノキシジルタブレットやプロペシアを通信販売で購入できる海外輸入サイトです。老舗で信頼できるのでおすすめです。

業界最大手のオオサカ堂は、価格・品質共にトップクラスの個人輸入代行です。普通の通販サイトと同じような手順で購入できますので初めての方でも使いやすいですよ。^^

コメントを残す