プロペシアが原因で癌になる確率は?そもそも癌になるのか!?

プロペシアは5αリダクターゼを阻害することで男性ホルモンが
脱毛性の男性ホルモン、ジヒドロテストステロンに変換させることを
抑制する効果があることかた抜け毛を抑える作用があります。

そんあ優秀な抜け毛防止効果があるプロペシアですが、
巷ではプロペシアを服用し続けると癌になるのでは?

そんな噂が流れています。

プロペシアと癌

この噂の元となったのは、お笑い芸人の宮迫さんが胃がんの手術をしたことが
きっかけとなっているのではないかと言われています。

宮迫さんも薄毛に悩み、プロペシアやミノキシジルで対策をされていると言われているからです。

確かに、宮迫さんは薄毛が治ってますからね。

 

でも、医学的な根拠としてプロペシアと癌の関連性は証明されていません。

つまり、プロペシアが原因で癌になったという報告はないのです。
このことから、プロペシアで癌になるというのは都市伝説的な話と言えます。

 

しかし、プロスカーなどの高容量のフィナステリドを摂取し続けると話が変わってきます。プロスカーというのはフィナステリド5mg配合の医薬品です。

前立腺肥大を抑える薬として使われていましたが、プロペシア同様薄毛対策に用いる人もいるのです。

常人のフィナステリドの一日の上限は1mgです。

それを早く薄毛を治したいからとたくさんの量を服用すれば当然リスクは高まります。

フィナステリド5mgを服用し続けると発がん性がアップすると言われているのです。

ですが、1mgを守って服用していればリスクは抑えられ、癌の発現率は下がります。

こうゆう言い方をすると怖く感じるかもしれませんが、薬に副作用はつきものです。

 

それは、頭痛薬にしても風邪薬にしても同じです。風邪薬を大量に飲めば違った副作用が出るように、プロペシアも大量の服用すれば体に支障をきたします。

アタリマエのことなんです。

 

なので、薄毛を改善するためにプロペシアを服用するなら服用量をきちんと守りましょう。一日1mgです。

5mgも10mgも飲んでいれば病気になるのは当然なんです。それを発がん率が上がるなんて言ってたらおかしな話なんです。

気をつけましょう。

 

そして、これはミノキシジルにも同様のことが言えます。
ミノタブの服用上限は一日10mgです。

それ以上服用すれば副作用が顕著に現れます。早く治したい気持ちはわかりますが、
薄毛は長期間ゆっくりと対策することが一番です。

副作用が嫌な人はこのサプリ!ノコギリヤシ配合「GUNGUN」

GUNGUN

ミノキシジルタブレットには多毛症、動悸、むくみなどの副作用が。プロペシアには性欲減退などの副作用が出る場合があります。どちらもそこまで深刻な副作用ではないようですが、副作用が気になる方は育毛サプリで髪の毛を増やすという方法もあります。ミノタブやプロペシアにも負けず劣らぬ効果で人気のある育毛サプリが「GUNGUN」です。副作用が気になる方はこちらをどうぞ!

ミノタブ・プロペシアで育毛するならこちら!!

ミノタブ

 オオサカ堂がオススメな理由

  • 業界最安値で購入できる
  • 成分鑑定書添付だから安心
  • メールでの対応も親切
  • 口コミでの評価も抜群

ミノタブやフィナステリドはAGA専門のクリニックでも処方されますが医療費も含めると高額です。そこでコストパフォーマンスを上げるためにおすすめなのが通販です。

オオサカ堂はミノキシジルタブレットやプロペシアを通信販売で購入できる海外輸入サイトです。老舗で信頼できるのでおすすめです。

業界最大手のオオサカ堂は、価格・品質共にトップクラスの個人輸入代行です。普通の通販サイトと同じような手順で購入できますので初めての方でも使いやすいですよ。^^

コメントを残す